タグ:SIGMA 35mm F1.4 DG HSM ( 1 ) タグの人気記事

最近のお気に入り

b0225532_7512435.jpg

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM
このレンズはシグマが提唱するレンズのコンセプトライン、Art、Contemporary、Sportsの3つのうち、描写性能を高めたArtラインに属するレンズである。このレンズが世に出たのは2012年11月23日。発売後「たぐいまれなる描写力」、「ライバルを凌ぐ解像力」とあちこちで好評のレンズ。
私自身入手して以来、手放せないレンズとなっている。
b0225532_09165154.jpg
b0225532_09165418.jpg
D800につけた状態。かなり大柄になり重量もボディ重量込みで1.5kgになる。欠点といえばこのくらいか。
35mmレンズは標準レンズである50mmよりもやや広角により、自然な画角で、50mmより広く人間の見た目に近い画角であると言われる。広角な分50mmよりは被写体に寄ることができ、周囲のものをいれやすい。逆に周囲のものが入り込んでしまうはデメリットにもなるが。
先日には同じラインで50mm F1.4も発売され、そちらも好評を得ているそうだ。
私がこれまでメインで使って来たトキナーのATX-PRO 28mm-80mm F2.8は、レンズの発売こそ古いものの、絞り値がズーム全域で変わらず、解放の描写はさすがに厳しいが、絞ればシャープになることもあり、重宝していた。しかしシグマレンズ入手後はいつ持ち出したか記憶にないほどだ。自分でも現金なもんだと思う。すでにこのレンズはあちらこちらで絶賛され語り尽くされたレンズではあるが、気に入ったものだもん紹介したいぞとばかり、嬉しくて撮影のために一駅余計に歩いた時の写真を掲載したい。
b0225532_0435662.jpg

秩父市街から羊山公園に向かう道。春には芝桜の丘に通じる道なので結構混雑する。
b0225532_0413524.jpg

b0225532_0413223.jpg

横瀬に抜ける道すがらロータリーの森という名前がついている。
その場にいるとなんてことのない景色だけど、開放にして近づくとなぜか見ている景色とちがう絵を撮れるんだなこれが。(同じようなカットの量産とかいわないで)
b0225532_0412939.jpg

電車が通ってくれればよかったが、夕焼けに近い強い日差しも物ともしない。
b0225532_041279.jpg

貯水池の管理棟をピントの位置を変えて撮った。ピントのあったところは非常にシャープで、その後や前に通じるボケも違和感がない。トキナーでは結構ボケがうるさいときもあったが、こちらは安心して撮ることができる。
b0225532_0412429.jpg

b0225532_0412149.jpg

木々の茂る暗がりでもファインダーから合わせたい場所にピントを合わせられる。
b0225532_0411967.jpg

道を走るバイクと生け垣の対比が好み。
b0225532_0411737.jpg

秩父の名山である武甲山を望む。これもピントの位置を変えて撮影した。
b0225532_0411453.jpg

b0225532_041127.jpg

引いて撮ると微妙なくらいの小さなお花畑も、一見広大なお花畑に見える不思議。
b0225532_041108.jpg

貯木場で少し絞って撮影。すべて開放で撮りたくなってしまう病にかかるが、絞ってでて来た絵も結構好き。
b0225532_041883.jpg

名物のまんじゅう。出先のスナップでiPhoneでこんなカットを撮ることもあるけど、センサーサイズから結構後ろの背景にもピントがそれなりにあってしまうため、うるさく感じることも。このレンズならしっかり背景化できる。しかも手を伸ばしたくらいでピントが合うくらい近くに寄れる。
b0225532_041563.jpg

横瀬駅。休日なので結構混んでいる。もうすこし絞ればよかったかな。
とまあ、レビューにならないレビューだったけど、気に入ったものは気に入ったのだ。個人的なことを言えば、35mmのレンズを使うのはかなり久しぶり。学生時代に使っていた、今は亡きミノルタXDというフィルムカメラについていたのは35mm F2.8だった。父親からカメラを借りて高校の卒業アルバム撮影に参加したときは、35mmか105mm を好んで使っていた。
働くようになって自分のカメラを持つようになっても、一眼レフ機は高価だったため、もっぱらコンパクト機ばかりで、ズームが基本だったこともあり、レンズの画角を意識して撮影することはなかった。
はじめて購入したデジタル一眼レフはペンタックスのK10D、その後K-m、K-7、K-5とペンタックス道を進めていたが、そのときは14mm(35mm換算21mm)、35mm(35mm換算53mm)、70mm(35mm換算105mm)。とセンサーサイズが APS-Cだったため直接35mmは使っていなかった。昨年ニコンに移籍後もはまっていたのはコシナツァイスのPlaner 50mm F1.4だったし。でてくる絵はすごく気に入っていたし、ニコン移籍の一番の理由だったレンズだけれど、唯一の不満が、テーブルフォトで寄れないこと+フレームに収まらないことだった。ただツァイスの35mmやニコンの35mmは結構高価で(そのときはニコンの35mmはF1.4という15万くらいするレンズしかなかった)とても買い足すことは考えていなかった。シグマのこのレンズも高価で、発売当時は絶対に買えないと思っていた物だが、何の出会いかアウトレットショップでリファビュリッシュ品を中古価格より安く見つけてしまったのである。
これまで行ったところにも、このレンズをつけて再訪したい。

そう、竹原とか、東京たてもの園とか。

使った機材はもちろんD800とシグマ35㎜。唯一外観の撮影にはフジのX-M1に16-50を使用した。

by unlimitedbread | 2014-06-24 01:41 | カメラ・写真


食べ物と写真とガジェットと少し特別な忘備録


by unlimitedbread

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

パン
Mac
Thinkpad
秋葉原
美味しいもの
その他
PC
おやつ
今日の食卓
カメラ・写真
アニメ
山手線うまいもの探訪

以前の記事

2017年 08月
2016年 04月
2015年 03月
more...

注意事項

当サイト内の写真の無断転用を禁じます


カウンター


[PR] blog

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://venus..
from http://venusso..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

その他のジャンル

最新の記事

夏の夜のうなぎ
at 2017-08-03 23:26
桜散策 in 2016
at 2016-04-25 01:46
桜咲く、春の日
at 2015-03-31 01:59
ヤマノススメと三つ峠と3人パ..
at 2014-07-28 03:36
海ですよ、海
at 2014-07-17 22:34

記事ランキング

画像一覧